ぴんぼけ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS CPLとPL

<<   作成日時 : 2015/12/23 14:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


PLフィルターは
デジタル処理で出せないので
風景にはかかせないフィルター。
(水面の反射除去や被写体の色彩を鮮やかにしコントラストを上げるなど)
で、CPL(円偏光)とPL(偏光)の違いは
PL/偏光フィルターに円偏光と呼ばれる偏光に変換するフィルタ(1/4波長位相差板)が追加されてるのがC-PL/円偏光フィルター。
一枚余計にフィルターがついてるので価格も高め(高性能という訳ではない)。
なんだかよくわからないけど
詳しく知りたい方は検索してみてください(^^;

効果はほぼ同じなんだけど
一眼レフだとAFやAE(露出値)がずれたりするなどの不具合がでてくる
ミラーレス(ローパスフィルター機)の場合だと
偽色やモアレが発生する可能性があり
いずれにしろCPLを使うのが無難

で、俺の場合
EOSがハーフミラーでファインダーの見え方に不具合を生じるのでCPL
ミラーレスがPLだった。
LUMIXのGとかGH1とかの1.2M機あたりまでではPLで問題なかったけど
OMD:EM5の1.6M機あたりからたまにピントが甘くなる不具合がでてきた
EM5MARKUでその傾向が顕著になってきたので買い換えた。

PLフィルターは数年(野外での使用頻度で異なる)で劣化するフィルターなので
新しいPLで試したけど、EM5Uではやはり不具合があり
(PLは昔ながらのフィルターしか作ってないので
デジタル対応の精度じゃないのかもしれない?)
C-PLに買い換えた





ケンコーでアウトレットしてたので、これを購入。
輸出専用棚ズレ品だそうだけど何ら問題ない。
保護ガラスもデジタル対応で薄いので影響が少なくなっているのかも?

また薄枠になったことで、
レンズにフード(M.zuiko12-50/9-18)付けたまま
ひっかかからずに脱着できた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
CPLとPL ぴんぼけ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる