ぴんぼけ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 天体写真講師しました。

<<   作成日時 : 2017/12/02 02:20   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

天体写真講師しました。
大変だったようなラクショーだったような(^^;
宙ガール と ひよっこ(初心者)の二回。
表向きの話はそちらで読んで下さい。
こちらは自分用メモ。傾向と対策(笑)
画像


一応、カメラ設定チェックシートと配布用オリジナルマニュアル本を用意。
カメラ誌で書いてる内容より初心者向けにした講義補足+帰ってから役に立つように。
曇天時は講義で役に立つけど、晴天時は読んでくれないないな。
実写で教えたほうが早い(たぶんその場限りで憶えないだろうけど)

聞いてはいたけど、三脚ってもってこないもんなんだな。
カメラなしとかカメラ共有で参加もあった(つきあいでって言う方とか、興味があったけどカメラはないとか)
撮影講座なんだけど・・・(^^;
カメラ・三脚必須にしたからある程度の人が集まるかなと思ったら
参加者のレベルが広すぎて大変。取説とか読んだことないという人がほとんど。
応募時にカメラマウントを聞いてるけど、レベルも聞いたほうがいいかな?
三脚もってない人は取り付けにも一苦労。
最近のはクイックシューが主流だけど、貸し出せるのは昔ながらのやつだけだし
(貸出用だからシューなしのを購入したんだけど)
三脚についてももう少し時間を割いたほうがいいかも。

画像

一番難しいのはMFのピント。
スカスカのキットレンズのMFには苦労してたみたいで、無理とか言い出す人もいて困惑。
AFのきく半月の日にしたのは成功。星の写りがよくなるけど新月は避けたほうがいいな。
初めてだと星が一番小さく見えるポイントがなかなかわかりにくいからな〜。
ピントリングや望遠鏡のピントノブなどを大きく動かしすぎ。微妙に動かすのはAF撮影オンリーの初心者には難問だ。

インスタとかSNSで星の画像はかなり目につくからなのか、
天文台ならチャッチャッと撮れると思ってたみたいだけど
そんなに簡単には撮れないよ・・・。
星景写真とかは、昼間のロケハンから始まるんだけどそんなことは思いもしてないんだな(^^;
で夜にいったら外灯がとかあるんだよ。
星景撮りたい人に一言。とりあえず場数を踏んで慣れるしか近道はなし。

画像

特に宙ガールの方は、スマホで月とかメインにして観望中心でもいいかなとも思う。
通常9時までの観望会を長くじっくり休みやすみでもいいかも知れない。
星雲星団はこちらでセッテングまでしてシャッターを切るだけとか
一台で撮ってWiFi飛ばしてシェアとか かな(それで嬉しいだろうか?)
スマホで写るように増幅してやらないといけないから
プロジェクターで写して一緒にスマホで記念写真とかか?
どの程度までがいいのかわからない。
次回の課題だけど撮影講座なら曇天時に疑似星空撮影とかできるんだよな、
観望主体だとそれができない。

画像

星雲星団はOMDのLVブーストとライブバルブが非常に有効。曇天でライトペインティングでも有効。
タブレットで見たほうが良かったかも?
OMDと言えば、M4/3機ゼロだったのは意外。
一眼は田舎ではまだつよいな。ミラーレスがシュア逆転してんのって都市部だけなんじゃね?
最新機種はなかったから、買い替え需要がある都市部の現象なんじゃなかろうか? 田舎はゆっくり切り替わりかと。

画像

天文台でにライト照射やスローシンクロ撮影は
賛否両論あるでしょうが、撮影中に他の人も星空露出で撮ってもらい白カブりを実感させたので
ライトによる迷惑やトラブルの元になる場合があるのがより理解できたんじゃないかなと思う。
カメラ誌では、星の撮り方に多灯ライティングを説明していたりするから、
もう星空風景は天文ファン以外の人が撮影しているジャンルになっている…なので母数が大きくなったからトラブルも多発?
なおこの撮影方法は星空を守る天文台としては反対。
鹿角平天文台でのライトルール
⇒「自ら光害を空に放つカメラマンの身勝手はどこまで許されるのだろうか?

画像

主鏡でオリオン大星雲はノーマル機の30秒露出でも大興奮で大成功。
次回もこの時期か? 
夏は観望者が多くてできないし、初夏なら干潟星雲とかM13とかかな。
秋の初めは主鏡でははみ出てしまう天体のほうが多いし・・・とりあえずこの時期でいいか(^^;

画像

あまりの写りに、望遠鏡はなにがいいのか質問する人も・・・
口径の暴力といっていい写りだから、沼にはまるよな〜。
意外と罪作りな企画かも ( ̄ー ̄)ニヤリッ
次回は野外に赤道儀(ポタ赤)で自前のレンズでどれだけ写るかとか
購入しやすい価格の筒でやったほうがいいのかな? 
メーカーさんコラボもしますよ(笑)

画像

でもレリーズもってきた人、2回合わせても一人しかいなかったから
希望者だけかな?
光跡写真とかもいれたら2日は欲しくなるよな。

次回〜数回は、微調整してほぼ今回同様のプログラムで実施だろうか。

都市部のセミナーは大盛況で、星を撮りたい人はかなりいるんだな。 継続すれば来る人も増えるか? リピーターが増えたらプログラムや季節を変えないといけないけど、2回とも募集定員にみたなかったから先の話か(^^;





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天体写真講師しました。 ぴんぼけ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる