Cyber-shot/TX5でデジスコ(野鳥編)

画像

ミニボーグ60ED×LV15mm+TX5。人物ブレ軽減モード。さすがにデジスコ(概ね1000mm近くの超望遠)は半手持ちじゃ無理。そんでもここまで撮れるのは驚異。&処理に時間がかかるので不向きだな(^^;

天体の場合は手持ちのお気楽撮影だったけど、動きまわる野鳥はシステムを組み上げないと無理っうことで
カメラAD(詳しくはhttp://www.geocities.jp/kanotuno/telescope/D-AD.htmの下の方にあります)。
デジスコで半手持ちはちょいと厳しいっうことでカメラ三脚+SW片持ちホークを使用。

画像


人物ブレ軽減モードは処理に時間がかかるので野鳥には不向き。Pモードとそれほど差はない。
多少、ピントが合っている範囲が深めになっている気がしないでもないが・・・。
Pモードの方がシャープ。人物手ぶれ軽減は全体的に甘いけど許容範囲がある感じかな?
ただし、あとでアンシャープをかけたりするとブレ軽減モードのほうが良好。
コンポジットで滑らかな画像になるようです
野鳥写真じゃほとんど聞いたことはないと思いますが(^^;

画像

ついでなので、ミニボーグ60ED×LV15mm+TX5とミニボーグ60ED×2.2エクスパンド(眼視用のバーローレンズ)+KissX3の組み合わせを比べてみた。
結果はデジスコのほうが断然いい。×2.2エクスパンド撮影用じゃないけど中心部はシャープなんだけどやっぱり眼視用のバーローレンズ。
周辺像はかなり悪化してます&Kiss自体の重みやミラーショックもあいまってデジスコに勝てない

デジボーグ(一眼レフ+天体望遠鏡)で125SDとか・・・いや77EDとかの方がいいのは分かっているけど先立つモノが(爆)
安く超望遠撮影を楽しむならやっぱりデジスコが有利なんですね(^^;






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • SONY/Cyber-shot TX5 のインプレもどき(^^;

    Excerpt: サブに使っていたペンタWPが息子に持って行かれたので(笑) 大手を振ってソニーサイバーショットTX5(^^; ちなみにシルバーに見えるけど、これでもグリーン。なんて微妙なグリーン(笑) Weblog: ぴんぼけ日記 racked: 2011-01-26 23:52