ぴんぼけ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏山旅2018(3) 野反湖

<<   作成日時 : 2018/07/26 01:34   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

ツーリングで来たことはあったけど尻焼のついでで、野花にそれほど興味はなかったから、花の山旅で野反湖には初めて。山コレで花も終盤らしく、カモシカ平が見頃らしいというの知ってたけど、峠はまだまだ素晴らしい群落が見れた。湖畔はほぼ終わっていたので、弁天山(野反湖から弁天様が現れた由来。池の女神かよ・・・俺が落としたカメラはミノルタX-7でなくα7Sの方です)を回ってくるコースにする。

画像

アヤメ・ノゾリキスゲ(ニッコウキスゲの地元での呼び名)・クルマユリ・ハクサンフウロ。
最初に富士見峠から八間山のコマクサを見にゆく。まだ見頃のものが残っていた。草津のコマクサは赤が濃い。草原にはイブキトラノオやシモツケ・・ミズギボウシなど百花繚乱。

画像

ノアザミ・アカモノ(実)・シモツケ。
コマクサ・ノギラン・コバノイチヤクソウ。

群生地を離れると、笹に埋もれる感じだけど花は多い。ちょいと登ると今回の最高地点1652mの弁天山。野反湖の見ものはニッコウキスゲ(ノゾリキスゲ)の大群生だけかなと思っていたので嬉しい誤算。

画像

峠から本白根山の今年の噴火跡は山肌の茶色部分。

画像

弁天山から湖岸には結構下がる。湖岸西は東コースと違い林間で木陰があるので助かる。今回パスしたけど湖岸西〜峠の周遊も時期が合えば歩いてみたい。

画像


峠に戻って、車でキャンプ場まで移動してテン場まで歩く。コースタイムで15分・・・テン場まで荷物はリヤカーで移動させるとか遠すぎ(^^;

画像

テン場の花畑。

ビジターセンターの下の駐車場に留めたので、歩道入り口がわかりにくかった。テン場の広場にいってしまうと歩道がわからなくなるなど意外とわかりにくかったけど、テン場の花畑のヤナギランの群生を見て本日の花旅終了。

画像

湖畔にはトンボの群れ。こいつらが里に降りたら秋なんだろうな。
日差しはきつかったけど風があったので快適に歩けた夏山でした。




高山植物ハンディ図鑑 (小学館101ビジュアル新書)
小学館
新井 和也

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 高山植物ハンディ図鑑 (小学館101ビジュアル新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏山旅2018(3) 野反湖 ぴんぼけ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる