ネオワイズ彗星。福島の空にようこそ。

画像

2020/07/19 20:19
25s F2.8 ISO800  Kiss X9 A18-35mm F1.8


やっと梅雨の晴れ間になりそうでネオワイズ彗星が見れそう。と思ったら福島県南は雷雨。豪雨レーダーや衛星で確認して数時間後までダメそうなので、ライブカメラで晴れてる会津に雨の中通りから向かう。激しい夕立にあい、脊梁分水嶺(奥羽山脈)を越えると晴れてきた。もしものために、猪苗代から+1時間の移動時間を確保していたけど、湖南で良さそう。青松浜でしばし休憩。吾妻山を見ると雲がかかってる。山の上は難しそう。とういうことでここに決定しようとしたら、今年はコロナでキャンプ禁止なのに目の前でテントを立て始めるやつがいたので声をかけて確認。焚火もするというので逃げ出して藩境会津藩:二本松藩)に移動。ケガの功名で名実ともに? 俺の住む中通りから(湖南は中通りの郡山市だけど)、福島を代表する磐梯山と猪苗代湖との彗星景を撮れた。
ネオワイズ彗星。ようこそ福島の空に!

1280-1280-IMG_8276.JPG
機材は30年位以上(カメラ以外は)ほぼ変わらない。追尾撮影はビクセンのSP型赤道儀にマルチプレートでBORG45ED(71FLと併用)と自由雲台。固定用に三脚一本。カメラは二台にレンズは標準ズーム+50mmと中望遠100mm。眼視は 25×125の双眼鏡(石川SLFで入手。ハレー彗星ブームの時にビクセン+協栄で作ったらしい。像はかなり甘いけどね。ちなみにSPもハレーブーム後に天ガの売りますで、セレストロンの赤筒付きのやつを購入。)。10×42双眼鏡+イス(このくらいの倍率になってくると体の安定は重要なスペック)。
以上を並べて夕闇を待つ。19時半すぎに北極星が双眼鏡で見えてきたので極軸を…?? あちゃ極望がカビてる。
標準ズームの広角側にして19h50mに彗星が写ったので、それを頼りに地上の当たりをつけて双眼鏡で探す。いた!大体の位置を把握してファインダーで導入してテスト撮影しながら位置を決める。

画像

2020/07/19 20:16
60s×6 ISO400 EOS Kiss X5 miniBORG 45ED×0.7 210mm F4.6

夕焼けが残る夕景を撮影してから、20h10mにインターバルタイマーをしかけて撮影開始。薄明終は20h41mなのでまだ明るい。徐々に暗くなり、KissX5のライブビュー画面に翡翠色の彗星核がはっきり見えて驚く(特に色がわかるのに)20時半頃、やっと肉眼で見える。肉眼ではぼんやり尾を引く姿(ほぼ見えないと思ったほうがいいくらい淡い。天の川がなんとか見える程度の中程度の星空)。空の条件はあまりよくないが、HB彗星よりかなり暗い。42双で彗星がよく見える。尾が視野いっぱいくらい。125双では美しいコマの翡翠色から、スーッと尾が伸びて視野の外に。イオンテール側の縁が暗く落ち込む。二股に別れているようだけどはっきりしない。

時々雲が通過したりしたけど、約1時間半見たり撮ったりできた。撤収しながら22時頃に雲間に入ったので終了。
青松浜に戻って遅い夕飯を星を見ながら。天の川が滲んでるけどそこそこ見えてる。ちなみに青松浜キャンプ場は、外灯とW.Cの明かりがあるので撮影には向かない北側は湖なので北天は問題ないけど。釣りの仕掛の車が時々来るのであまり落ち着かない。そのうち木星と土星も見えなくなりはじめた。ちょうどいいタイミングだったかもしれない。
やっとネオワイズ彗星がまともに見れて撮れてホッとしたけど、もういい加減に梅雨が開けてほしい。
北半球ではHB彗星以来23年ぶりの大彗星だもの、晴れ間がこれっきりでは切ない。
あっ! しまった、彗星との記念写真を撮り忘れた! なんとか明るいうちにスッキリ晴れてほしい(^^;

画像

2020/07/19 20
60s×6 F2.8 ISO800
Planar T* 50mm F1.4  EOS Kiss X9

眼視だと3°~5°だけど写真だと相当伸びてる、雲の影響を受けてなければどのくらいまで写ったんだろう。その点が残念。

画像

2020/07/19 20:36
60s×6 F4 ISO800
EOS Kiss X9 AT-X M100 F2.8

見てる暇なくなるからカメラ二台だったけど、もう一台持ってけばよかったかな。機材交換中もインターバルかけぱなしで面倒みないやつを・・・。8月まで晴れない予報になるとは思わなかったからね(^^;

画像

翌々日に僅かな雲間に町中から見ることができた。薄雲のある町中だと、星がほとんど見えないので写真を撮って当たりをつけてから探したり撮ったりしてます。尾が明るいうちはこんな方法も有用ですよ。
町中から見た姿は、双眼鏡でぼかした恒星状。尾があるもんだと思ってる人は気がつかないかも。77EDに40mmで3等星をぼかした感じで短いけど尾もなんとか見えました。天の川が見えた湖南でみた彗星とは別物のようです(^^;

画像

2020/07/21 20:24
F2.8 5s ×7 ISO400
Planar T* 50mm F1.4  EOS Kiss X9

町中+薄曇りで、星が何個か見える程度の星空。カブってしまうのでISO400/F2.8/5秒しか露出できないほど明る空・・・それでも尾を引く彗星の姿がしっかり写ってる。ということは都市部でもまだ晴れれば撮れるはず。

画像

2020年7月 ネオワイズ彗星が3等前後(アウトロアーツ)
ネオワイズ彗星が明るい(2020年7月ほしぞら情報/国立天文台)


spitzchuさんの「星空のある風景 タイムラプス 4K #113 ネオワイズ彗星 NEOWISE /福島県猪苗代湖畔」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント