ネオワイズ彗星と記念写真。

画像

2020/07/23 20:17  30s×17 ISO800
miniBORG45ED×0.85 f255mm F5.6 EOS Kiss X9

Windyyは曇りで GPVだと晴れ間が若干でる予想と微妙。鹿角平はガスってるとのことで、まだ晴れ間がある自宅から見てたら、出ればよかったというような晴れ・・・なぜなんだ(^^;
晴れと言っても雲が通過するので、空がムラになるしコントラストが低下。露出も稼げないので枚数撮ってみた。処理すると思ってるより写ってた。

640-ISO002.JPG
部屋からの撮影なので(振動が伝わるので)、露出中に近くにいれないので、駐車場に双眼鏡をだす。思ってるより晴れが続いてるので彗星と記念写真。

640-ISO001.jpg
町中で外灯とかで周りも明るいので、星を撮る露出で普通に記念写真が撮れる。こんなのは彗星が明るいのでできることなので、撮り忘れた方はお早めに(^^; なお近くに外灯が一本だけのような場所は、影が汚いくなるので注意。
7/27が半月。8/4が満月なので、空が暗い場所でも月明かりで、記念写真とか月光星景が撮りやすくなる・・・ただ彗星のあかるさは暗くなってるのでどのくらい写るかは不明。

画像

満月の時の星景露出に近い薄明中の彗星(A-1:10s F4.0 ISO400 )。
この時より彗星は暗くなってるのでどのくらい明るさを保ってるのかわからないけど、月明かりでも結構写るかも?  もうそろそろ梅雨明け・・・しそうにないな東北は。西日本では明けそうか?



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

2020年07月26日 09:22
おはようございます、そちら晴れたんですね。
こちら19日にホンの僅か晴れただけでした。
最寄りの山里での、薄雲の切れ間からのネオワイズ彗星は、肉眼では
辛うじて頭が確認出来た程度でテイルは全く見えず。
でもフジノン15cmで見たので迫力は感じられました。
やはりHB彗星より暗くて小さいんでしょ?他ではかなり暗い所だと
30℃のダストテイルが肉眼で見られるとありましたが。
やまのん
2020年07月26日 11:54
HBよりかなり暗いよ。ダストは大きく広がってるから小さいとは言えないかもしれないけど頭部は小さい。ダストが30°? 肉眼でってほんとかよ。イオンじゃないか?それも写真で確認できる淡さだけど、マウナケアとか好条件下の話じゃないか(とても肉眼で見えるとは思わない)。19日は4.2cm双眼で尾が5°くらいは確認できた、揺らすと7°以上はありそうだったが不明瞭。