スマホデビュー(pixel4aのカメラ-その1)

画像

3Gガラケー終了にともなう割引があったので、いまさらながらスマホデビュー(^^;
星が写るというPixel4a に機種変。スマホの方はいまだ使い方がよくわからないけど、まずはカメラで撮影してみた。

画像

夜景を撮るといままでの携帯とはわけが違うというか、コンデジの手持ち夜景より写りそう(最長4分かかるけど)。RAWもついていてフォトショップで使われてる「dng」形式(生データーというよりTIFにちかい形式)で、撮って出しのJPEGより解像が高いけど、データー量もでかいので普段はJEPGでいいかな(^^;

Pixel4aは完全フルオートで、補正できるのは明るさとコントラストのみで、細かい調整はなにもできないので、惑星など撮り場合は、マニュアルアプリをいれる必要がある。フリーソフトだと一長一短でどれがいいのかよくわからない。よさげなProCam X (Liteバージョン)を使ってみた。フリー版はサイズ/解像度に制限がはいる(RAWは撮れる)だけで広告も出ないし使いやすい。マニュアル露出が使えるようになると、スマホでも惑星がよく写る。アダプターでしっかり固定できれば、動画からコンポジットで模様もあぶりだせる(笑)

画像

下のスマホ10秒動画からコンポジット。


画像

やっと晴れたので月夜だけど、ファーストスターライト。このスマホスゲー!! ガラケーからの機種変だったので悶絶するほど写る!露出は約10秒で何枚か撮影してコンポジット(自動星合わせ)。撮影終了までトータルで4分かかるけど(^^;
※撮影始めても途中でキャンセル(撮影中止)も可能。ついでにこの写真撮影中に写り込んでみたけど、処理途中では透けた俺が写っていたけど終了後にはきれいに消えてた。4分内でどのくらい写っていればカメラに認識されるかは不明。

画像

夜景モードでもフォーカスは無限でなくAFで合わせているみたいで明るい星をタッチしないとピントが合わない。夜景モードにすると、画面も夜間ブーストビューに切り替わり、星や地上もスマホ画面で見れる。

画像

Pixelの夜間モードは星の色がちゃんと写る。高感度にありがちな星の色が飛ばないのがすごい!

画像

スマホで二重星団。35cm+40mmをコリメート。視野の縁の見当がつかなかったり、ちょっとしたスマホの傾きで空のムラや星像の流れとかかなり難しいけど遊べる。暗夜に星雲も撮ろうっと。

画像

通常モードでも火星くらいは写る。ただしかなりザラつく。あらためて夜景モードの凄さがわかる。

画像

夜間モードもAEなので、空が明るいと短秒になってしまって露出不足な写りになる。夜景モードだと忘れがちだけど、こんな時は明るさ補正で露出を増やしたい(それしか選択できない・・・最長秒で星空写したいんだけね)。ついでにマニュアルアプリで10秒にするとさすがにノイズだらけだ。
ところで、この夜景モードは三脚で固定というより手持ちを前提な気がする。動かさないでくださいと表示されるけど、手持ちで動かさない程度でも画像をあわせてくれる。ちなみにわざと派手にブラすと合成失敗でなにも写らなかったりブレた画像ができる。

画像

ボーグ77 ED ✕10mmでオリオン大星雲。これはスマホで天体も期待できる写り。しかも手持ちのお気楽さ。ついでに経緯台なので追尾もしてない(明夜で町中なので数秒露出だったので・・・)。こうなってくるとAEがあだ。手持ちの気楽さはなくなるけど、(最長の)10秒露出の夜景モードで撮りたいな。どう云う条件で最長秒になるんだろう? このへんがよくわからないし完全にカメラまかせだ(マニュアルで10秒露出はできるけど、残念ながらコンポジットやノイズ処理なし画像)。
ちなみに昼間に夜景モードで撮ると、シャドー部のないフラットなHDR調の絵になり、そこそこ使いみちがある。

夜景モード以外では、ポートレート・パノラマ・360°写真。スローモーションとタイムラプス。グーグルレンズ(撮った写真の検索やテキストのスキャン化&翻訳など)が使える。スチルカメラ的には、ポートレート・パノラマ・360°写真で、単レンズしかついてない(ズームは電子ズーム)ので、パノラマや360°を途中でOKすると疑似広的な使い方もできる。
被写体以外をぼかすポートレートモードは花とかにも役に立つ。
画像

ただしぼかす背景はカメラが判断するので、人物ほど輪郭がまとまってないのでどのへんがボケるのか事前にわからない。ちなみにオリジナル写真と加工済み写真の2枚が保存される。

画像

特にモードはないけどライブHDR+が効く。こんな逆光では空がつぶれるることなく、かなり自然に写るし写せる。ただしHDRが自動というかデフォでON/OFFにできないし、絵画的HDRみたいな派手な画像は写せない。低照明や高ダイナミックレンジ下で誰でもシャッターを押すだけできれいに撮れるけど、俺的には、いじれる部分がもうちょいあってくれたらなと思う。明暗とコントラストにモード変更、ライトON/OFFだけしかいじれない。

スマホデビューしてみるとスマホのカメラの写りが恐ろしい。これじゃコンデジが壊滅的なはずだよ。多眼のスマホだと撮影範囲もさらに広がってるし・・・一眼までいかなくても満足されてしまうよな(^^;

画像

HDR+の絵は、誰でも簡単にきれいに撮れる。デジカメでHDRで撮っても空はとぶのに、この写りは地味にすごい。AI技術が恐ろしい。

画像

デジカメでは空は白く抜けてしますような場面も、シャッター押すだけで、自動連写→HDR&ノイズ処理されて、こんになにきれい・・・撮って出しなら一眼以上かも? スマホなどで見るだけだったら一眼以上だろう(^^;

※今季は夜の天気が悪く天体を撮れないので「その1」 
暗夜に晴れたのでその2-星雲星団を撮ろうと思ってる。→こちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック