テーマ:天文

Pixel 4aで天体写真/その(3)  v4.2アップデート後

オリオン大星雲 主鏡35cm ×WS40mm Pixel4a ISO386 4分(16秒×15)天体写真モード 昨年12月に「Googleカメラ v4.2」のアップデート版が公開。天体撮影に関しては変更点はなさそう。※5Gの広角用天体モードの修正だったみたい。 その前のアップデートで使い勝手が非常によくなった。夜景モードのライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕暮れの空に

この週末は夕焼け空を眺めてた。 土曜日の9日はこんな感じ。木星はすぐ見つかった。土星がわかりにくい。水星のほうが低いけどよく見えたけけどすぐ沈んだ。 10日の夕暮れは、水星と土星が並んでた。HDR風処理で地上は別露出。土星は肉眼ではわからず。 水星の駆け上がり方の速さに驚く。内惑星の会合はその日だけだね…いや知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木星・土星 超接近(2020/12/21-22)

いよいよ超接近の日。天気予報は最悪。浜通りか常陸まで南下しないと見れそうにない。前日にテストしたセットを車につんで出発。鹿角平をにさしかかると晴れてきた。うわどうしよう。山の端には雲多し。衛星画像の雲様子からもしかしていけるかも? どうしようと迷いつつ天文台に・・・できるならここで見たいし、だめでも明日も今日に劣らず近い(木星の視直…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

黄昏のランデブー

二度と撮れない(見れない)すごい天文現象なんだけど、正直、星景写真や肉眼では地味な天文現象(3天体会合)があった。この日は雪が降ってほんのり白くなるような天気。中通りはダメそうなので浜通りまでいかないと晴れないかのと赤道儀をつんで出発。地味と書いたけど望遠鏡的には撮っても見ても大興奮な現象なので晴れ間を求めるわけです(^^; 福…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暁のランデブー(月と金星の大接近)

ふたご群は曇ってだめだったけど月と金星の大接近は撮れた。なかなかない星景向きの低空での大接近。直前まで雲多くてだめかと思ってたら晴れ上がった。 電柱の向こうの霧がこっちまでこなくてよかったよ(^^; 月と金星の接近は毎月あるけど、星景向きの好条件は意外とすくない。しかも晴れてくれないとどうしようもない。ついでに空の焼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とうえいまつり

先週は投影まつりだった(笑) 望遠鏡で天体を直接見る以外に投影して見る方法ある。 最初は太陽。 肉眼黒点がでていたので天井投影を真似しようと思ったら 家の天井が白くなかったので壁に投影。 太陽だけだと白い円だけど、黒点があるとなかなかの迫力です。壁なので斜めに変形するのはご愛嬌(^^; 壁が白くなくても、白い模造紙に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界一の暗いライト? Vixen天体観測用ライト SG-L02

ビクセンからでている天体観測用ライト。5千円以上と高いので、躊躇してたんだけど世界一暗いライト(笑)に惹かれて買ってみたら大正解。電球色のヘッテンが欲しかったのと、初代の電池からリチュウム。ライトの切り替えなどが変更になって使いやすく便利になったのが決め手。 その一つが点灯の仕方。スイッチ一個で兼用しているモデルの場合は、白・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星の村天文台SLF2020

2年連続の台風直撃で三年ぶり・・・今回もあぶなかったけど台風が南下した(^^; そして最後のスターライト。今年開催されたたぶん唯一リアル星まつりだけど、初日思いっきり曇天。翌日は台風の余波で雨天。最終日も晴れ間なし・・・。 石川からひきついだSLFの名で10月に開催は今年9回目で最後。来年からは天文台まつりとして夏に開催…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ゆる☆

77ED×ショートエクスパンド+OMD(1/80 ISO800 トリミング)。赤道儀だすのめんどくさいから経緯台。追尾しないので×2程度。それでも極冠とか模様はなんとなく写るのね。 今夏は明るい惑星が3つも見えてありがたい。火星は中空以上上がるとだと玄関先にでないと見えないけど木星・土星は南に低いので、(南向きの)ベランダからよく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケンコー プロソフトンクリア

今年は鹿角平天文台はコロナ対策で窓・カーテンは全開なので明かりが漏れている。また流星群の日などは星見広場も歩き回るライトが写るので、対策にソフトンクリアを購入した。ソフト効果が高いプロソフトンA・BやヤマノンSXだと、漏れた明かりやライトが星空より強調されてしまうから、効果が弱く景色もボケないと言われるクリアを使ってみた。使った感想は …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YAMANON スマホ望遠鏡アダプター★スマホで月や惑星の撮影が簡単にできる(かも)

観望会などでスマホで手軽に天体撮影を楽しんでもらいたいんだけど、多種多様なスマホに迅速に対応できるベストなアダプターがほぼない。どうしても調整に時間がかかったりして面倒なので、月に関しては、ハードアイカップのアイピースに押し付ける方式を採用してる→これ まあ最近じゃガイドペーパー作るのも面倒なのと慣れたので、案内人が導入してシャッタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネオワイズ彗星と記念写真。

2020/07/23 20:17  30s×17 ISO800 miniBORG45ED×0.85 f255mm F5.6 EOS Kiss X9 Windyyは曇りで GPVだと晴れ間が若干でる予想と微妙。鹿角平はガスってるとのことで、まだ晴れ間がある自宅から見てたら、出ればよかったというような晴れ・・・なぜなんだ(^^; …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ネオワイズ彗星。福島の空にようこそ。

2020/07/19 20:19 25s F2.8 ISO800  Kiss X9 A18-35mm F1.8 やっと梅雨の晴れ間になりそうでネオワイズ彗星が見れそう。と思ったら福島県南は雷雨。豪雨レーダーや衛星で確認して数時間後までダメそうなので、ライブカメラで晴れてる会津に雨の中通りから向かう。激しい夕立にあい、脊梁分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネオワイズ彗星とコホーテク彗星

2020/07/12 20:03 miniBORG71FL×0.7(トリミング)  EOS Kiss X9 絞り優先AE(30s×5)ISO100 予想外に晴れてた日曜の夕暮れ。まだ高度が低く厳しい条件だけど、 明日の朝に晴れるかもあやしいので見ることにしたけど、双眼鏡ではまったく見えない。 日没から1時間後の20時前…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

星景写真ワークショップ2020

今年も北山 先生をむかえて星景写真ワークショップが開催されます。新型コロナで延長されていた日程も含めて下記に決まりました。 鹿角平天文台リニューアル記念講座の最終年になります。撮影場所のメインはまだ未定ですが、天文台星景を含めて鹿角平になると思われます。 1回目 令和2年 9月26日(土)~9月27日(日) 月齢9の月明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェイク★アルタイル

七夕の夜に、火星なのに→アルタイルと記しした写真がRTされてた。 プロフにカメラマン・自然写真家。掲載先に天文誌の名があるから(でも知らないんだよな俺)、 さすがに間違えないだろうし、なんかのネタかもしれないから遠回しに 指摘したらブロックされたので、ネタの答えを知らない(^^; 2018年火星大接近の夏。右下の紅い巨星…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿角平天文台の再開

基本、野外の星見で、ドームは1日1組限定で再開します。 今年はすべて中止で閉鎖でもいいとは思うし、 俺は治療の影響で、ドーム内はちょと躊躇するし、 ただ休台中にも、星見広場にあがってくる人が結構いたり そこまで気にしなくていいというスタッフもいるし、 コロナ禍の対応は 正直いって、なにが正解なのかわかりません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏至の部分日食

ほぼ雲越し。これを狙ってた(いやまじで、負け惜しみでなく) pic.twitter.com/rbUOhk3ouq— やまのん (@_yamanon) June 24, 2020 あまり期待してなかった梅雨時の部分食の天気が良さそう。鹿角平天文台ドームと食の進行とか撮れるかな?→曇りの予報になる→鹿角平はあきらめ。会津…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

水田星景2020

今年も水田星景は稲が伸びて終了。去年は病気で町内水田だけだったけど、今年は、昨年の豪雨被害から復旧してない田も多い&5月中旬から記録的な連続曇天で町内しか撮れなかった。 植える前の方が絵になるんだろうけど、水面が安定するから植えた後のほうが好み。ただちょうどいいのは(気温とか成長ぐあいで変わるけど)10日くらいしかないけど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

撮影した星の写真に何座が写っているか探す方法

外出自粛が続くので過去の星空写真にどんな星空が写っているのか探してみる方法をUPしました。 →こちら ステラナビゲータとかで探したりするのは天文ファンだけだろうから、フリーソフトを使用して探す方法。ついでに写真に星座線とか文字を入れる方法・・・こちらも天文ファンならフォトショップとか使ってるだろうけど、ちょとやって見ようというにはハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほぼスーパームーン

ほぼスーパームーン(昼間の11時半なので日本では見れない)前日の月の出。 桜は咲き始めなのが残念。狙ってるんだけど毎年タイミングが微妙(^^; その晩の月(04/08 2時ごろ)縁がちょとだけ欠けてます。 その日(04/08 21時ごろ)の月。反対側がかなり欠けてます。 雷雨の予報だったから晴れるとは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夕月・金星・すばる

昨日3/26の夕暮れに並ぶスバル・金星・月。桜もまだ開花したてでちょっと惜しい夕暮れ。 3/28は月齢4の月が金星がならぶ。3/29は月齢5の月がヒアデスの文字のあたり。天気予報が雪や雨だけど、美しい夕暮れだ。夕景は初心者でも撮りやすい星の写真(星景)。 4月3~4日にかけては、すばるの中を金星が通過する。肉眼で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和2年度の主な天文現象

令和2年度の主な天文現象(2020.4~21.3) 4月3~4日金星がすばるを通過。 金星がすばる(プレヤデス星団)を通過。8年ぶりの珍現象。 4月15~16日暁の惑星ショー 明けの空に集まった火星・木星・土星のそばを月が通り過ぎる 4月8日 スーパームーン (ただし満月は11h35m) 5月中旬 C/2017 T2 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕暮れの惑星ショー(土・月・金・土)

金星・木星の接近は水郡線と絡めたので、今回は夕暮れの街と撮ってみた。薄明中だと金星・木星に比べたら土星は暗くならないと目立たないからというのもあるけど。前日は曇りで見えず、土星までいれた3惑星構図になる今日(11/29)は、木星が雲に隠れたりしたけどなんとか撮れた。 金星・木星の接近が薄明中に見えるのは2022年5月1日の明け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LAOWA 4mm F2 8 Fisheye(その2-星空編)

F3 180秒×6 ISO1600 LAOWA 4mm F2.8 Fisheye / OMD/E-M5MarkII  ナノトラック追尾撮影 円周魚眼自体がM4/3にないので比較しようがないんだけど星像を見ていくと、良像は中心部の4/1くらいで、周辺にいくほど青ハロ・色ズレや星像の流れ・変形が目立つ。魚眼レンズとしては普通なことな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SVBONY SV40(中華製激安10x42双眼鏡)

SVBONY SV40 (10x42)「ものすごく安くて、そこそこ良く見える双眼鏡」 星が見えない日が続くとなぜか筒が生えてくるらしい。俺はポチらんよと思ってたんだけど 天リフの激安双眼鏡レビュー・SVBONY SV21 42mm10倍双眼鏡が原因で、 この値段ならと車載用とか手荒に扱えるかなと・・・双眼鏡は数台あるんだけどつ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鹿角平天文台の講習会★ワークショップ

インストラクター養成講座/空を見上げて夜空を楽しむ講習会 「星空と月の教室」 詳しくは→こちら 昨年は全講座月なしの暗夜だったけど、初心者向けなら月がないと地味(^^; ということで、中秋の名月を入れてスマホで月撮影も入れてみたので、前回より楽しめる内容かな・・・観測要素は減ったけどバランス的にはいいかな? 今回も講師俺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水田星景

Kissでここまで写るクリアな星空の日。悲しいかな治療中じゃ町内の田んぼにしかいけなかった。今年の水田星景はこんなもんかな?  町内だと外灯とか低空のカブリ補正が面倒なんだよな。 ちなみにアンタレスの下(南)の赤っぽい光害は首都圏で、なにかで隠すとかしないとどうにもならない 月の近く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星景撮影に一番必要なのは・・・。

平成最後の桜星景というか今シーズンの桜星景はこれだけ。治療中じゃご近所の桜を深夜前に撮るのがせいぜいだった。天体撮影は動かないけど, 夜に起きているという行為は体力消耗はかなりでかいよね。 星景撮影に一番必要なのは、その場所にいることだと思っているけど、そこに行くまでの・・・そこで撮るための体力だな。健康な時は気が付かなかった。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2019年度の主な天文現象

令和元年/2019年度主な天文現象 2019年(平成31年) 4月9日宵 月と火星が接近+ヒヤデス星団食。 2019年(令和元年) 5月7日未明 みずがめ座η流星群が見頃。 7月4日暁  月と火星と水星が集合 7月下旬 木星・土星が見頃(観望時間内で) 7月17日未明 半影月食(月没帯) 7月28日未明 ヒヤ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more