テーマ:天文

SVBONY SV40(中華製激安10x42双眼鏡)

SVBONY SV40 (10x42)「ものすごく安くて、そこそこ良く見える双眼鏡」 星が見えない日が続くとなぜか筒が生えてくるらしい。俺はポチらんよと思ってたんだけど 天リフの激安双眼鏡レビュー・SVBONY SV21 42mm10倍双眼鏡が原因で、 この値段ならと車載用とか手荒に扱えるかなと・・・双眼鏡は数台あるんだけどつ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鹿角平天文台の講習会★ワークショップ

インストラクター養成講座/空を見上げて夜空を楽しむ講習会 「星空と月の教室」 詳しくは→こちら 昨年は全講座月なしの暗夜だったけど、初心者向けなら月がないと地味(^^; ということで、中秋の名月を入れてスマホで月撮影も入れてみたので、前回より楽しめる内容かな・・・観測要素は減ったけどバランス的にはいいかな? 今回も講師俺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水田星景

Kissでここまで写るクリアな星空の日。悲しいかな治療中じゃ町内の田んぼにしかいけなかった。今年の水田星景はこんなもんかな?  町内だと外灯とか低空のカブリ補正が面倒なんだよな。 ちなみにアンタレスの下(南)の赤っぽい光害は首都圏で、なにかで隠すとかしないとどうにもならない 月の近く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星景撮影に一番必要なのは・・・。

平成最後の桜星景というか今シーズンの桜星景はこれだけ。治療中じゃご近所の桜を深夜前に撮るのがせいぜいだった。天体撮影は動かないけど, 夜に起きているという行為は体力消耗はかなりでかいよね。 星景撮影に一番必要なのは、その場所にいることだと思っているけど、そこに行くまでの・・・そこで撮るための体力だな。健康な時は気が付かなかった。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2019年度の主な天文現象

令和元年/2019年度主な天文現象 2019年(平成31年) 4月9日宵 月と火星が接近+ヒヤデス星団食。 2019年(令和元年) 5月7日未明 みずがめ座η流星群が見頃。 7月4日暁  月と火星と水星が集合 7月下旬 木星・土星が見頃(観望時間内で) 7月17日未明 半影月食(月没帯) 7月28日未明 ヒヤ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見えないものを見ようとして

望遠鏡を覗き込んだ・・・・ 見えないものはみえないんだよ(^^; 今夜の月のソバにはエスキモー星雲(10.1等)がいます。 眼視では、まったくみえないけど写真には写った。 面光度が高いのでもしかしてと望遠鏡を向けてみたけど ISO400/5秒で写るとは思わなかった。 やるじゃん76プラ+OMD デジタルカメラの威力…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久しぶりに撮る月。

明るい星はアルデバラン。次回近づく時はヒアデス星団食になります。 BORG76プラ+OMD:EM-5 久しぶりに月を撮る。1ヶ月半ぶりか? あちゃーブレてる。 低振動モードにするの忘れた。 久しぶりだと細かい手順を忘れてしまうものなのかね? 上弦の月だったけ久しぶりだね♪ 71FL+OMD:EM-5 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまには天体写真。

かもめ星雲 miniBORG71FL×0.7(f280mmF3.9) EOS Kiss X5改 120秒×20 ISO1600 星団は見えるけど、眼視ではまったく見えないけど写りの良い散光星雲。 いつもは星景とか彗星の写真ばかりだけど、たまには天体写真。 機材は古いけどここまで写ればいいかなと。上を見てもキリがないし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ムーンライトウォーク

満月の夕暮れに。 今日はスーパー・センター・ムーン? ムーンピラー(月光柱)も見られました。 目的の白鳥さんは月の出前に帰りました(^^; 居残り組はまだ たんぼ(田んぼの写真の右隅に写ってます) 昨日は数組はこの時間に飛び立ったのに。 気温が関係してるのかな? 月と白鳥は、また来月か(^^;
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマノンファクトリーのリンク切れ修正しました。

「Yahoo!ジオシティーズ」、2019年3月末でサービス終了で、リンク切れしてた紙工作-ヤマノンファクトリーをリンク修正いました。 たぶん移転にともない他にもあるかなと思うけど、とりあえずファクトリーだけ(^^; まあHP見る人は少ないと思うけど、1月6日部分日食がおこるので チップスターで作る太陽投影板の製作記事があるので直し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふたご座群流星とウィルタネン彗星と撮影あるある。

昨夜はふたご座流星群極大一日前。 極大日ほどじゃないけど、天気が怪しいので晴れていたので見に行きました。 今夜(12/14)が極大です。 よし! いまのは画角に入ったぞ! ふたご群流星とウィルタネン彗星ゲット! あぁぁ・・・く、クランプ・・赤道儀のクランプ締め忘れた( ̄◇ ̄;) 天体撮影あるある(あるよね?) …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

冬の星空。

冬の天の川。ここに流れ星が流れてくれればな(^^; 明日の夜はふたご座流星群が極大日で、 今夜も夜半過ぎくらいから見頃になります。 30分くらい星空を眺めていれば、都市部でも何個かは見えるはず。 詳しくは→ふたご座流星群が極大(国立天文台) →ふたご座流星群(AstroArts) ライブ中継もあるので、天気が悪か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「月刊星ナビ 2019年1月号」は表紙が鹿角平天文台!

天文雑誌の表紙に鹿角平天文台がなるのは初めて。 撮影は北山カメラマン。 ドーム内ライティングや設定は俺(笑) 月が大きいので、ドーム内をやや明るめに調整して 天文台を主役にする露出か。 どう?と聞くと バッチリですと北山くん。 あたりまえだ何年やってると思ってんだ(笑) ドームと望遠鏡をSTOPさせて固定。 こんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KAGAYAと白Kiss

郡山スペースパークで「星の旅」+KAGAYAの講演会があったので見てきた。 ※星の旅 -世界編- の上映は 12月2日(日)まで。 展示の写真はASPJ第3回巡回写真展 「郡山市ふれあい科学館スペースパーク展」で昨日まで(^^; 終了後のサイン会が一番驚いた。 一人ひとり丁寧に、記念写真にも応じていて握手まで。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鬼ヶ城ブルーグラスフェステバル&スターウォッチングの集い2018

誘われて いわき・鬼ヶ城のスターウォッチングの集いに行ってきました。 事前申し込み制で定員50名。観望会前に講習がある程度しか知らないで参加(^^; 15時半から惑星の解説。惑星観測家の阿久津富夫さん が今夕見える4惑星の解説などを講話。 赤外・メタなどバンド別画像で惑星大気の話などかなりガチな内容。 ゆるい感じのお話だと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペルセウス流星群2018

初日の8月11日+αは曇りのち時々晴れ。 ただGVPや予報だと今夜が一番晴れそうなので様子見。 夜半前のペルセの火球(痕を残しながら派手に飛びました)と人工衛星のフレア(写真だと流星の様に写ってますが、ゆっくり動いて金星並みに輝いてました)。 深夜前にやっと晴れ間が多くなってきたのでカメラを仕掛けるが30分ももたないう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月食はドン曇りORZ

食開始の4時間前は予想外に晴れてて、このまま晴れは持たいないだろうな・・・。 晴れたのこの1時間だけ。とりあえず月と火星のランデブーを写しとく。 その後急速に気温が下がり分厚いドン曇り。 胎内も曇ってるとメッセが届く・・・こりゃダメだな。GPVで会津あたりならと思ったけど諦めたほうがよさそうと思いつつ赤道儀を車につんどく。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿角平天文台の7月

かって鹿角平天文台で星空インストラクターをしていた?  北山先生の凱旋ワークショップ (笑) 俺としては北山くんがどう成長したのか楽しみ。 会場は「ほっとはうす・さめがわ」。座学がほっとはうす、実写は鹿角平でおこないとのこと。 ◆開催期日 1回目 7月16日(祝・月)~17日(火) 2回目 9月29日(土)~30日(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーマル機じゃ満足できないなんて、あえていおう変態であると!(KissX9で天体写真その2)

miniBORG71FL×0.7(f280mmF3.9) EOS Kiss X9 180s×6 ISO1600 X9はRAWで増感したほうがよさげなのでISOは1600。 白Kissで、なかなか星が撮れなかったけど、新月期に晴れて、あれこれ写せた。 星景と違って、天体は高感度に弱い機種でも露出をかければいい(単純に露光か加算…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星景用カメラ用水準器

KissX9には水準器がついてないけど、銀塩時代からカメラ内蔵水準器なんか使った・・・OMDについてた(^^; なくても特に不便は感じない。 また機械的な水平と構図的な水平は違う・・・どちらを優先するかは好みの問題。 俺の場合、三脚から離れてカメラの底辺と景色の線が同じなる感じで合わせてる。 ただ水平線とか雲海とか山並みとかの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年初見(^^;

月齢27の月を今年初見。 ちなみにまだ日の出は見てない。 去年その年初めて日の出を見たのは12月だし(^^; 木星も今年(望遠鏡では)初見。 まだ高度もひくくシーイングが悪い冬だしぶよぶよ。 夜半すぎに昇ってくるようになった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皆既月食観望記2018

絶望的だった天気予報が良い方に変わって当日。まだ福島県南は微妙な晴れ間。 露出固定タイムプラス・広角連続撮影・望遠鏡での連続撮影・皆既星野を予定で 撮影進行表とか用意はしてたけど鹿角平は微妙。茨城県中に晴れ間が多くありそうだ…ということで急遽マルチプレートに71FLを取り付ける穴を開ける(^^; 遠征しても大丈夫な準備がで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬吠埼からカノープス

おお! 高い! たかが200Kでこんなに高度が違うのかよ・・・ と思ったら人家の上に水平線があったのね。 犬吠埼にきた目的はとりあえず富士山。 ついでにカノープスと 来年のネタ用に犬吠埼灯台と大犬・子犬(笑) ホテルの窓から肉眼でも良く見えて驚いた。 たぶん透明度がかなりいい日なんだろう。 しかし撮影は困難・・・…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

月の出グリーンフラッシュの考察

月の出時(12/3夕。その夜はスーパームーン)に グリーンフラッシュ(月の上の⇒の緑色の部分) 水平線とか遠望がきく高山とかで見られる現象だと思っていたから まさか盆地で見れるとは思わなかった。 月の出 16:17で山の端から月が出たのが16:32分。 ゆらゆらしてるけどいつもと同じ月の出。 現象がおきたのは 16:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天体写真講師しました。

天体写真講師しました。 大変だったようなラクショーだったような(^^; 宙ガール と ひよっこ(初心者)の二回。 表向きの話はそちらで読んで下さい。 こちらは自分用メモ。傾向と対策(笑) 一応、カメラ設定チェックシートと配布用オリジナルマニュアル本を用意。 カメラ誌で書いてる内容より初心者向けにした講義補足+帰ってか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”宙ガール”×鹿角平天文台 2017

鹿角平天文台リニューアル記念☆女性限定天体撮影宿泊講習会 初心者向けのゆる~く星を見て撮る撮影観望会をやります! プロが教える星空の魅力と撮り方。 え~とプロって俺っす(^^; プーなロクでなし っうとこですか? プ   ロ    10/28(土)~10/29(日) 1泊2日 定 員…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝!ミニボーグ誕生15周年

ペルセウスα星付近(Mel.20星団) miniBORG50(アクロ)×1.08 f270mm F5.4 OMD:E-M5MarkII 60秒×8枚 ISO1600 2017/08/28 0h24m~ 祝ミニボーグ誕生15周年。 誰も祝ってくれないので、せめて生みの親の私が(笑) アクロマートレンズの美しいニジミ画像…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地上での衝効果(Opposition Effect)

衝の時期の土星は本体より環が明るく見えます。 土星の環の衝効果と言われ、 環を構成している粒子の反射光が 他の粒子に邪魔されない為に起きると考えられています。 この効果は月や他の天体でもおこります。 身近なものだと満月が他の月齢にくらべて ひときわ明るく見えるのもこの効果によるものです。 もちろん地上でもお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年度の天文現象(2017.4~2018.3)

※現象時刻は鹿角平のものですのでご注意ください。 ※鹿角平天文台の観望時間は19時~21時頃です。 2017年度の天文現象(2017.4~2018.3) 肉眼や各機材のマークは、特に楽しめる(向いている)という意味。 見て楽しいものは大きなマーク、マニアックなものは小さなマーク。 カメラマークは、コンデジやスマホで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふくしま星・月の風景落選作品「自ら光害を空に放つカメラマンの身勝手はどこまで許されるのだろうか?」

第4回ふくしま星・月の風景フォトコンテスト落選作品 「自ら光害を空に放つカメラマンの身勝手はどこまで許されるのだろうか?」 強烈な照射合戦を止める自動車の通過によるヘッドライトの弱い光を利用し撮影。 フォトコンのコピーが 「星たちや月の輝き、月明かりに照らされた幻想的な光景」といいつつ 照射星景(ライトを利用した星景写…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more