ぴんぼけ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS エネループカイロは天体撮影に使えるか?

<<   作成日時 : 2007/12/13 00:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

画像

天体写真で長時間露光をすると、レンズに夜露や霜ががついたりする。防止には昔からレンズをほんの少し暖めてやる・・・・レンズの前に上昇気流をつくってやることで露・霜をつきにくくする方法がとられてきた。
オーソドックスには昔ながらの灰式カイロ(アウトドアショップ・カメラ屋・天体望遠鏡ショップなどで購入できる)がある。ただ氷点下ちかくなると立ち消えしてしまうことがあり、私の場合、カイロの隙間をすこし広げて燃焼をよくさせたりしている(何回か使っているうちに石綿がへたるので冬前に使い込んでおくのもいい。なお途中で使用を停めるのはポリ袋にいれれば酸欠で燃焼しなくなる)。なお同じカイロでも使い捨てカイロ・ケミカルカイロなどはすぐ使えなくなりまっせ。

次は電熱線で自作品。写真の黄色いコードがそう。ホームセンターで凍結防止コードを切って作った。単三×4=6V仕様でACの場合は問題ないけど、電池の場合は外気温で使えなかったりする(爆) 
コードレス蚊取り利用は送風で夏場の露避けにしている。単三×2。電池の欠点は同じで冬場に使えない。

さてエネループカイロ。メーカーに天体写真に使いたいがと質問したら、氷点下10度まで利用可能との答えが返ってきたけど、質問の意味を把握しているのか多少不安(笑) ただし今年はまだ5度くらいまでしか下がらないので今後更に厳冬期にテストします。
なので外気温5度の場合の結果です。プロトレック(センサー付時計)に抱かせてみたら、外気温5.4度で強で15度をキープしていました。3時間は確実に持ちました。長持ちさせるには小袋に入れるのがいいみたいです。次の撮影までに電池を長持ちさせようとスイッチを切ったらもう駄目でした(爆) 低温下でOFFにしてると電池がキンキンに冷えて起電力がなくってしまったようで、スイッチを切らないでポケットにもいれておいた方が逆に消耗がすくないようです。また弱でどうなるかわかりませんが、強の方が、外気温5度で外側が15度ということは製品内の電池のまわりは常温の20度近くあるはずなので低温障害はでにくいと思われます。
エネループカイロは、生産調整で品薄感をあおっているんじゃと思うところがあるので、購入を考えている人は、バカヤロウ〜 と思うような値段で買うより、品物がなければ来シーズンの早いうちに買うのをお勧めします。カイロとしてはあまり使えない※と思いますので(爆) 


氷点下の天体観測で、指先を暖めるのにはありがたかった。まあホッカイロのほうがやっぱりいいなとは思うわけですが(爆) ただホッカイロじゃ熱い場合もあるので、それほど熱を必要としない場合は重宝するかも?

PS:
本体がつるつるしていてカメラレンズに取り付け難いので、両面テープで取り付ける布(バンダナ等、私の場合は不要の靴下の足首部分を使っている)で滑り落ちないようしたほうがよいようです。実際撮影中につるっと落ちてたらしく、カメラを回収したらなくて慌てました(爆) 他にも洗面所に落としたりと落としやすい形状です(滑り止め加工が必要だろうと思うのは 俺だけ?? ) 撮影中に落ちて夜露でレンズが・・・なんてならないように(レンズへの)取り付けにはちょいと工夫が必要。
PS2:
氷点下5度で約3時間(強)は問題なく使えました。温度センサーで測ると外側(発熱パットの反対側)は+3.5度をキープしていました。たぶん電池のある内部は低温障害はでないのじゃないかと思います。ただし低温で電池の消費は通常の倍以上に・・・・。三脚に霜がついていたので霜よけ効果は間違いなくあります。ただ時間が・・・。次は弱でどうかテストします。
PS3:
(強)でも風のある日は氷点下7度で1時間持たなかった。前回テストは-5度でも無風状態。それほど強い風でもなかったから、氷点下5度でも風があると1時間程度しかもたないのかもしれない。風が当たるとやっぱり熱が急激に奪われるので、0度以下の気温では弱は使えないだろうな・・・。なお発熱しなくなってから、コタツで暖めたら復活したので、すぐ外で撮影に使ったら、5分程度でENDでした。

灰式カイロ+炭ステックセット。


SANYO 充電式カイロ 「eneloop kairo」 (ピンク) KIR-S3S(P)
三洋電機
2008-10-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SANYO 充電式カイロ 「eneloop kairo」 (ピンク) KIR-S3S(P) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
タットルとホームズ
07 12/15 23時 主鏡35cm+XW30mm+CaplioGX 30秒 ISO1600 タットル彗星がコンデジでも写るようになってきた。といってもデジーマのISO800では中心部のみなので、キャプリオのISO1600。相変わらず使えない超高感度ですが(^^; 眼視では意外としっかりしたイメージで見えています。5cmファインダーではわからず、8cm双眼鏡で微かに広がる光芒がなんとなくわかります。FC125あたりから意外と大きな光芒が広がっているのがわかます。惑星状星雲のNGC... ...続きを見る
鹿角平天文台通信
2007/12/16 21:04
使い捨てカイロを途中で止めるには
使い捨てカイロを途中でやめて保存するにはビニール袋などにいれて密閉してしまえばいいのです。これは、使い捨てカイロが、鉄がさびるときにでる熱を利用しているため。テルは空気中の酸素に触れて酸化します(錆びる)。だから空気と触れないようにしてあげれば酸化をおさえて保存できるのです。 ...続きを見る
雑学博士になりたいっ!!,エネループ<s...
2007/12/24 18:26
激安の電池式カイロは天体写真に使えるか?
天体写真で長時間露光をすると、レンズに夜露や霜ががついたりする。防止に最近はエネループカイロを使っていて氷点下近い気温でも3時間は使えて重宝してます。片面タイプ(天体用には両面の必要はない)は値段もこななれてきて1個2000円前後で入手できるようです。 ...続きを見る
ぴんぼけ日記
2011/11/29 01:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エネループカイロは天体撮影に使えるか? ぴんぼけ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる