あれから


あの時と同じ場所に座っている。
黙祷を告げるサイレンの音。


大震災からもう5年かよ。

いまでは線量も下がったのに
他県の人には福島全体が
当時のままだと・・・
遠い場所ほどその傾向が強いんだよな。
そんなわけ無いじゃん。
復興はしてないけど復旧はしてるぞ
(避難指示区域以外はだけど)

中には現状は無視して、
自分の信じるFUKUSIMAを押し付けやがる。
もうほっといてくれよ。他でやってくれと。
この日前後だけ
”悲惨な”震災特集なんかももういいよ。

画像

右側の光害は首都圏の明かり。左側はいわき方面。
2016年2月鹿角平


鹿角平から見る
震災の年の春(4月中頃)の首都圏方面はもうすでに明るかった。
首都圏は今日も明るい。
北斗の下の相双は
当時のまま、今日も真っ暗だ。

画像

右側はいわき方面。左は原発のある双葉方面。
震災の春は、いわき~北茨木方面もほとんど明かりがなかった。
特に北茨木は暗かった。いわきはそこそこ光が戻っていた。
反対側の白河~郡山方面もまだ暗かった。
原子力災害で思うようにならない県内はいつまでも暗かったのかも?

復旧の進む首都圏は光がかりがかなり戻っていた。
電力が足りなくなる節電!節電!と騒いでいたけれど
(結局、原発なくても大丈夫だったよね。あの騒動はなんだったの?)
へびつかい座あたりの天の川がいつもより見えていたくらいで
若干の効果があったようなないような・・・。



この記事へのコメント

那須美
2016年03月11日 21:07
今夜は 那須高原でも オリオン座が 凄く綺麗に見えてました。 南東の 1番キラ☆はスピカ? 子供の星座板見て楽しんでます。
やまのん
2016年03月12日 01:28
宵の頃なら多分木星。
木星が見えてればスピカ。
あの日の星空はまったく憶えてない。
今夜は曇ってる。
雲から星が見えてるけど。

この記事へのトラックバック