二ツ箭山(震災後)

画像

久しぶりに二ツ箭山のアカヤシオを見るのに岩登り。

最後に登ったのは震災前だから、もう数十年ぶりだな。
変わらずに咲いていた。登山道もしっかりしていた
どうしてこの山の向こう側には原発があるから・・・。
実際どうしても山頂付近は高めで、3年前でも0.30~0.70マイクロSvあった。
今回線量計もっていこうか迷ったけど、登るやつは登るし
持っていけば気になるしで、持っていかないことにした。

7年経って線量は更に落ちほとんど変わらなくなっているだろから。
県外から来る人が驚くのが、今日の線量が放送されたり新聞に載っていること。
この報道には慣れてしまったけど、当初はかなりにプレッシャーだった。
震災の年に秋田駒に登った時、線量を気にしなくていい開放感があった。
その報道も変動がなく1週間に一度くらいにするか検討中らしい。

画像

男体山から女体山。黒▲の先が鎖場のルート。
女体山まで岩場直登の約30m。
女体山の方はスタンスがしっかりしているのでそれほど難しくない。
男体山の方は女性には足つきが悪い場所があるので、俺だけ登った。

画像

岩場をのぼりきるとこんなご褒美。
誰もいないので山頂方位盤をテーブルにブレーク。

ここはたぶん新しくできた場所。この岩場の下にはベンチもあった。
震災で女体山頂の一部が崩れたり、方位盤も倒れたららしい。
女体山頂の休み場にしてた所がなくなっていた&屋根のある祠もなかったな。

肝心のアカヤシオは先週くらいがピークだったらしく、
尾根筋のは色あせていたけど山頂のは見頃だった。
天気も曇りなのが残念だけど、花と展望と岩場を楽しめた。

アカヤシオは4月下旬頃が見頃なのに山の花も今年は早いね。







この記事へのコメント

那須美
2018年04月20日 18:38
凄いところ登りますね~! 登るより下る方が恐ろしいと思いますけど 迂回ルートって無いのですか?
やまのん
2018年04月21日 04:22
通常はキタミチは使わず帰りは岩場の沢コースか、迂回の新道がありますよ。それでも女体山には10mくらいの岩場ですけど(^^;

この記事へのトラックバック