YAMANON スマホ望遠鏡アダプター★スマホで月や惑星の撮影が簡単にできる(かも)

画像

観望会などでスマホで手軽に天体撮影を楽しんでもらいたいんだけど、多種多様なスマホに迅速に対応できるベストなアダプターがほぼない。どうしても調整に時間がかかったりして面倒なので、月に関しては、ハードアイカップのアイピースに押し付ける方式を採用してる→これ まあ最近じゃガイドペーパー作るのも面倒なのと慣れたので、案内人が導入してシャッターだけ切ってもらってる(^^;
月の次に聞かれるのが惑星の撮影・・・明るい月と違い非常に難しい。・・・ということで、かなりの機種で惑星も簡単に撮影できる自作アダプターを作ってみました。
画像

100均で魚眼+接写スマホレンズを購入してレンズを抜きます。使用するのは、クリップとレンズ筒にキャップです。アイピースの大きさに合わせて紙筒を作り、接写スマホレンズのキャップを接着します。(レンズ部分は穴をあけておく)。
要はレンズキャップをセンター出しのガイドにして撮影するだけですが、意外と、はじめての方もズレずに撮影できてました(自画自賛)。
画像

1)使用できるアイピース→紙筒をかぶせることができる形状のもの。
2)使用できるスマホ→レンズまわりが平面(クリップで挟める)形状であるもの。

画像

このアダプターの使用できるのは、スマホのレンズまわりが平面(クリップで挟める)形状です。レンズが出っ張ってるスマホは、カバーをつけたままだと平面が確保できます。機種によってカバーをつけたりはずしたりと、いろいろ工夫して、傾かずに挟めるようにしてみてください。
画像

スマホの設定は以下です。
1.カメラ設定でストロボOFFに
2.タッチシャターをON 
3.露出の調整(露出補正/ISOの変更)
カメラまかせでシャッターを押すだけだったという人は、この機会に補正やモードの使い方をおぼえるとキレイな写真や動画が撮れるようになりますよ(たぶん)。
☆マニュアル露出アプリが使える機種ならインストールしてみるのも手です。
画像

惑星で一番難しい露出調整は、フルオートしかないスマホでも調整ができる場合が多いのがISOなので、ISO感度を低感度(ISO50~100の最低感度)にすることにしました。オートしかないスマホはスローは1/15~1/30程度までしか切れないようになっているので、明るさの調整をISOでする訳です。
画像


画像

小口径屈折経緯台だとこんな感じ。
ちょっとした位置のズレや、タイミングでうまく写らないことが多いのでとにかくシャッター切りましょう。
完駄目なのは削除すればいいし、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる方式で(^^;
●鏡像だけど気にしない!(屈折やシュミカセは天頂プリズムを使用したほうがスマホが安定するよ!)
●惑星がセンターに入ってなくても気にしない!(中央に入れることより撮るのを優先!)
●ちょっとブレてるけど気にしない!(環や縞が写ればOK!)

スマホで惑星の表面を写すのはかなり難易度がたかく、思ったより写らないのでそのつもりで。また強制的にスローシャッターとなるのでブレやすくなります。
スマホで惑星撮影は難しいかもしれないけど、まずはトライ! 

画像

作り方&撮影方法詳細→http://www2u.biglobe.ne.jp/~yamanon/Photo/yamanon/phone2.htm
YAMANON Factory

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント