Pixel 4aで天体写真/その(3)  v4.2アップデート後

画像

オリオン大星雲
主鏡35cm ×WS40mm Pixel4a ISO386 4分(16秒×15)天体写真モード

昨年12月に「Googleカメラ v4.2」のアップデート版が公開。天体撮影に関しては変更点はなさそう。※5Gの広角用天体モードの修正だったみたい。
その前のアップデートで使い勝手が非常によくなった。夜景モードのライブビューはゲインをブースト(カメラだとLVブーストやブライトモニタリングなど呼び方は様々)して星が見えるようになるんだけど、以前より見やすくなった(ような気がする)

アップデート前→pixel4aで天体写真(pixel4aのカメラ-その2)
スマホデビュー(pixel4aのカメラ-その1)

画像

オリオン大星雲
主鏡35cm(f=2100)×hya8-24mm(8mm側) Pixel4a ISO291

また天体写真モードが表示されるようになった。以前は夜景モードでカメラが判断して切り替わっていたので、
モードがわからなかったけど、スマホをしっかり固定して、何秒か立つと天体写真モードの星のマークがでてくるようになった(夜景は月のマーク)。光量が足りないような場所だと、しっかり固定しなと天体写真モードにならないよとメッセージも(^^;

画像

画像

火炎星雲
主鏡35cm(f=2100)×WS40mm Pixel4a 
4分(16秒×15)ISO1108 AIコンポジット  16秒×1 ISO1128

天体写真モードは16秒露出を15枚コンポジットするんだけど、途中でやめるても記録できるようになった。これは構図や天体の写りの確認などに大いに役立つ。シャッターボタンをもう一度押すと終了。以前もできたけど記録できなかったので確認に4分必要だった。なお 途中で終わらせても違いはコンポジットしない分ノイジーな点。他にはISOも若干違ったりAIコンポジットなので星の位置が微妙に違う(AFなのも影響?)ようで、後からPCで更にコンポジットしようと思ったらできなかった。このAIコンポジットだけど、精度が向上しているようで星像がより点像に近くなっていて星の輝きが増したように見える。
 ついでにデジタルズームのワンタッチ2倍ボタンと倍率スライダーが表示されるようになって
切り替えがズーミングがスムーズにできるようになった。

画像

すばる
主鏡35cm(f=2100)×WS40mm×0.5笠井フォーカルレデューサー Pixel4a ISO1187
主鏡35cm(f=2100)×WS40mm Pixel4a ISO1089

画像

副鏡FC125(f=1000)×WS40mm Pixel4a 16秒×1 ISO1187

すばるは40mmじゃはいらないので、笠井のアイピースレデューサー×0.5をつけてみたけど、ケラレが多くて副鏡の影がきつくでて失敗。すなおにFC125で撮ったほうがよかった(^^; 
スマホでコリメート撮影は、合成F値がとても明るいものにできるのが利点。Pixel 4aは固定レンズで4.38mm F1.7と明るいので想像以上によく写ります。鹿角平天文台の主鏡の場合、40mmアイピースではF1.7(カメラレンズの明るさ)で、高倍率の8mmをつけても合成Fは3.2です。サブのFC125やミニボーグでも40mmでの合成FはカメラレンズのF1.7の明るさなので、暗い部分の写りはほぼ同じでしょう(天体は小さく写るけど)。
合成Fについてはスタパオーナー八ヶ岳日記:コンデジで天体写真を撮ろうⅡ その5を参照してみてください。

画像

M81-82銀河
主鏡35cm(f=2100)×WS40mm
Pixel 4a ISO1686/1452/2015(M81-82両方写ってるのを真ん中にして、M81-82それぞれと3枚モザイク)


画像

かに星雲
主鏡35cm(f=2100)×WS40mm Pixel4a ISO1966
天体写真モード(4分=16秒×15コマコンポジット)

スマホでこんな天体まで写るとあんぐりするしかない。銀河とか暗い天体は微かなと思ったんだけど・・・。
もう天体写真はスマホで手軽に楽しむのがいいやと思ってしまうような写り(^^;

画像

M35
主鏡35cm(f=2100)×WS40mm Pixel4a ISO1092
4分(16秒×15)AIコンポジット


画像

エスキモー星雲
主鏡35cm(f=2100)×hya8-24mm Pixel4a ISO2532
トリミング 天体写真モード(4分=16秒×15コマコンポジット)


今後天体モード搭載のスマホが増えてくいくだろうから、撮影会とか企画できるかな?
16秒待ってもらえば、電子観望もどきもできるか?(いやそれなら一眼で数秒のほうが・・・)
コロナ禍で観望会も開けないから、あれこれ妄想してしまうな(^^;

ビクセン(Vixen) セレストロン オプションパーツ Nex YZ ユニバーサルスマホアダプター 日本語説明書 36094 CELESTRON 81055
ビクセン(Vixen) セレストロン オプションパーツ Nex YZ ユニバーサルスマホアダプター 日本語説明書 36094 CELESTRON 81055
2インチアイピースに使えるので天文台で使ってるやつです、ワイドスキャン40mmやハイペリオンズームの太さが限界。これ以上太いやつは無理。最近の2インチ広角アイピースは更に太いんだよね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント