テーマ:ネイチャー

燕の巣立ち(自分用メモ)

6/3に無事巣立ち。昨年はカラスに襲われてたのでホッとしてる。二波がきてたけど泥つけただけで終わって正直ホッとしてる。ツバメの初観は3/22。去年はどうだったかと過去ログみたらなかったので、自分用メモに残しとく。ツバメのメモは2013年だけログがあって6/10だった。ツバメは常にいるせいなのかブログにほとんどあげてないね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽化

キャベツについてた青虫をみっちゃんが保護(笑) いつのまにか蛹になって羽化してた。 河川清掃の日で早起きだったのに、 始まりは見れず(^^; 検索したら夜間に羽化するらしく 観察には人工羽化がいいらしい。 →モンシロチョウの羽化を観察しよう
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖南の水芭蕉

郡山・湖南町馬入新田の水芭蕉。 今年はなんでも早いな。 すでに見頃・・・ もう葉が大きいじゃん。 あれ花が小さい? 葉が大きいからそう見えるのか? 入り口の露店のおっさんが 今年は雪が少なくて融水が少ないから 岡芭蕉ですくすく育つんだと言っていた。 なるほどね。 雪解けの冷たい水は 葉の成長を制御させる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪と福寿草

いわき市三和の福寿草。 パートカラーにて撮影 福寿草を見に行ったら田んぼに雪が残ってた。 福寿草と雪景色って絵になるな。 できたら雪を割って咲き出すみたいな・・・ そんなイメージのほうが強いんだけど、 ・・・実際はそんなことはないんじゃないだろうか? 大抵は日当たりの良い土手から咲くから 咲いた頃に 偶然…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アケボノソウの星空

アケボノソウはアスタリスク(通常は花弁が5なので星形だなと(^^; たまに8もあるけど。ちなみにアスタ…は小さい星の意味)な花。 その形からかなと思ったら、名前の由来は 花弁の白を明け方の空に、 花の先端に散らばる小さな黒紫の点を暁の星。 黄白色が明けの明星(金星)に見立てたらしい。 月と金星の会合 黄色い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギンリョウソウモドキとギンリョウソウ

高柴山でギンリョウソウを見つけた。 秋も咲くのか?と思って調べたら ギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ)で別物。 ギンリョウソウより少なく珍しいらしい。 ちなみにギンリョウソウは高柴山でも咲いている。 ほとんど同じに見える ギンリョウソウモドキとギンリョウソウの区別は 一番は初夏か秋かの咲いてる時期。 次は花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月の赤い実(ニワトコ)

自分用メモ ●ニワトコ→https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%AF%E3%83%88%E3%82%B3 林道脇にたくさんなっててガマズミみたいだけど6月だしなんだろうと 「6月 赤い実」で検索してもででこない・・・この時期の赤い実といえば木苺などのベリー類しかでてこない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スプリングパープル

春色のめざめ。 あれ? いつもより早いね。 ショウジョウバカマは 桜の咲く少し前なんだよな。 じゃ来週には桜が咲くのか? 皆既食(4/4)と夜桜が楽しめるかも(タヌトラ)。 と思って過去ログ見たら咲き始めが今頃 見頃は4月上旬頃で、 例年より少し早めだった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オナガ

オナガさんがひさしぶりにきた。 群れでくるのですぐわかる(笑) でもあんまり見かけないんだよな。 ぐぐってみると 山地の林や人家付近で留鳥とあるから 普通にいるんだよな? と思ったら 昔は全国にいたけど今は東日本でしか見れないらしい。 東日本に残された群の個体数は減少どころか増加の傾向にある。 やっぱこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマガラ

真夜中に天気が回復して彗星が見えるかと思ったら 低空は無理だった(^^; ということで星が撮れなかったので鳥(^^; ひさしぶりにBORG77+電子マウント+Kissを使ってみた(いつも昼間はOMDなので) さすがに半手持ちじゃ難しいか。 手ブレを連発 止まっていてくれないからね(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

磐梯吾妻スカイラインの猿

数年前まで見たことがない磐梯吾妻スカイラインの道路上の猿。 人慣れしてるのか、なかなかどいてくれない。 通行にはちょっと注意が必要です。 吾妻山に猿は生息していて、スカイバレーの方(白布)は見かけた事があるけど スカイラインに出てきてるのを見るのは初めて。 群れの移動とかなんだろうか? ぐぐっても(解説とか群れの研究…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

赤いショウジョウバカマ。紫のショウジョウバカマ

雄国沼のオレンジのショウジョウバカマ 棚倉城の薄紫のショウジョウバカマ いつも見慣れてる棚倉城のショウジョウバカマは群生して薄紫で茎も短い。 雄国沼のはひょろっとして茎が長くオレンジで、花弁のそりも満開でも違う感じ あまりに違うので何という花か迷った。 ぐぐってみると白花のショウジョウバカマもあるみたいでこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

MIZAR SW-422(広角双眼鏡)

MIZAR SW-422 (22mm×4倍 実視界 17°(視野 68度°)アイポイント13mm  広視野(広い範囲が見える)がウリの一芸に秀でた双眼鏡。 それ以外の性能はごくふつう(^^; 最初の一台にはおすすめしないけど2台目や星座観察用には最適。 広い範囲でピント調整なしで見れて(約10m以上はフリーフォー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星の花(コスモス)

コスモスの語源を調べたら、 ギリシャ語「Kosmos, Cosmos」(=「美しい」「秩序」「飾り」) に由来します。星がきれいにそろう宇宙のことをそう呼ぶんだとか。 で花のコスモス(学名:Cosmos bipinnatus )は bipinnatus : 二回羽状の。Cosmos:「飾り」「美しい」で 「2枚の羽状の美し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コマクサ

草津本白根のコマクサ コマクサは蔵王や秋田駒でも見たことがあるけど、 本白根のコマクサは濃いピンクでほんとにコマクサか? と驚いた。 中には見慣れた、ピンクのコマクサや稀に白花もあるらしいけど、 ほとんどがこの濃い色。湯釜西展望台の道沿いのコマクサも濃い色だった。 秋田駒のコマクサ 一番見慣れたコマクサ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謎の薄黄色の花?

駒止湿原でみたことない薄黄色の花が咲いていました。 調べてもわからず・・・・と思ったら 同じ茎から出ている・・・ということはタテヤマリンドウ? 帰ってからネットで調べるとタテヤマリンドウの子房でした 中にはもう種が詰まってました。 タテヤマリンドウには雄花と雌花がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホタルカズラ

瑠璃色に星状の白い筋が綺麗な小さな花を見つけた。 こんな特徴的な花ならすぐ調べられるかなとコンデジで1枚。 図鑑じゃわからず、人に聞いてやっと ホタルカズラだとわかった。 手持ちのハンデイ図鑑じゃわからず、家に帰って山渓「日本の野草」でもわからず・・・ 名前でひいたらでてきたけど、上の図鑑の写真じゃパッと見…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アズマギクの果穂

アズマギクの果穂ってこんなネギボウズみたいなやつだったんですね。 はじめて知りました。 タンポポと同じキク科だから、 綿毛の果穂になるのかと思った。 花も咲いていたので・・・更に熟したら綿毛になるのか? 花が咲いてなかったら これがアズマギクの果穂だとは気がつかなかったな~(^^;
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巣は空っぽ

今朝起きたら、雛が1匹だけ。 お昼に見に来たら巣は空っぽで 全匹無事に巣立ったようで、 燕の雛が孵ったのが5/23だから18日くらいで巣立つのか。 早いな。 巣立ち後1~7日間位は巣に戻って寝るそうなんだけど、うちのは戻ってこないな。 参考 ツバメの繁殖
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あしたあたりはきっと春

3月になって、いまごろ冬かよと思う日々。そんでも季節は春な訳で、ネコヤナギの花?が咲き出した。 黄色いのが花粉で、赤いのが葯(やく)だと図鑑に書いてあった。葯ってなんだよ?? まとりあえず(たぶん)花ということで。写真のは雄株で花柱がたってるのが雌株らしい。気がつかなかった。帰ってから図鑑をみてしまったなと(笑) たぶん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スカイラインツーリング1

磐梯吾妻スカイラインが無料のうちにツーリングにと思っていて4日に出かけた。あいにくシャクナゲは浄土平湿原で咲いていただけ。桶沼はまだだった。きっと有料になってから見頃になるんだろうな(笑) 浄土平ニュースで翌日あたり桶沼で開花したってさ(爆) そりゃないよな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つばめ

軒下につばめの巣をつくられてしまった。もうちょいずれて作ってくれればいいのに・・・。 つばめなんて珍しくもないので? 写真に撮ってみると餌をあたえるのはほんの瞬間で早いこと! すぐ次の餌を探しにいっている。くちばしの中にまで顔をつっこんでいたりと、じっくり見ると意外な発見がある。いかにものをよく見てなかったかっうことなんですが(爆)
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

梅とめじろ

窓から見える梅の木も満開で、いわきでは桜が開花したというから、この辺の桜ももうすぐ。その梅にメジロが来ていた。よく花の蜜を吸うメジロの写真は見たことあったけど、実際にはみたことなかった・・・・と言うより気がつかなかっただけ?  たぶんいままでスズメと思ってた鳥でも、きっと違う鳥だったんだろうな。関心の無いものは見えていても見えていない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の陽気

厳冬期の2月とは思えない春の陽気。日当たりいい土手に、ヒヨコ草(はこべ。春の七草のひとつ)が咲いていた。春になるとそこらじゅうに生えてるので見向きもされないけど、この時期に咲いていると愛しささえ感じる。オオイヌフグリも気の早いのが数輪。また明日から寒くなるようで、春は近いのか遠いのか・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かわせみ

東北の梅雨が明けない。星も見えないので、望遠鏡で野鳥を撮って見た。 野鳥は素人なので、どうやって鳥を探すのか見当がつかない。 図鑑によると、カワセミは同じ場所で狩をするらしい。 でも、そういうわけではなかった。しばらく止まったあとどこかに行ってしまった。 何箇所か、餌をとる場所があるのかな? どうも判らないことだらけ。 判っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜とあまりの月

「願はくは花のもとにて春死なむそのきさらぎの望月の頃」と西行法師は歌った。 月と桜の組み合わせは、どうも心ざわめく。 月の光にほのかに浮かび上がる桜は、肉眼ではよく見えない。月下では色を失ったモノクローム。 だからこそ想像力がはたらく。闇に潜むなにかを感じることができる。 名桜のライトアップは流行だけど、光量や当て方がいまい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more